カテゴリー「みそ(おつけ味噌)」の記事

2008年8月26日 (火)

あめ色の白味噌だから美味い!

久しぶりに『みそ(いわゆる“おつけ味噌”)』の話を・・・。

金山寺みそは食べる味噌、“おかず味噌”と呼ばれます。
そして、普通の、主に味噌汁に使う味噌は“おつけ味噌”と呼ばれます。

味噌の種類は数あれど、統一された正式な定義はなく、
仕込む季節や場所、地方によっても様々です。
特に本物の手作りの『無添加・天然醸造』の味噌となると、
品質を一定の状態で保つ事は極めて難しいです。

味噌は本来、保存食であり、賞味期限はなく、
2年、3年と寝かせば寝かすほど美味しくなるという考え方もあります。
要するに、好みは人それぞれなのです。

さて、春に仕込んだ白味噌が、今、非常に美味しい状態になりました \(^○^)/
あくまで、製造者である私のオススメですが、

あめ色で、
味噌の香り高く、
非常に甘い、
美味しい味噌になりました!

見た目でわかりやすいように上から若い順に並べてみますと、

↓通常の白(粒)味噌です。熟成がまだまだ浅い、若い味噌です。

私のオススメあめ色の白(粒)味噌です。
↓あわせ味噌のような感じで、
↓どなたの口にも合うと思われます!ぜひお試しください!


↓よく熟れた状態(約1年間醸造)の赤(粒)味噌です。

違いがお分かりいただけましたでしょうか?

実はこれらの味噌はすべて同じ原材料、同じ塩分量、同じ配合割合(こうじ歩合)です。違いは、仕込んだ時期と熟成期間です!!

先にも申し上げましたが、人の好みは千差万別。
しかしながら、もし、このブログをみて、
木嶋こうじ店のおつけ味噌にご興味をお持ちいただけたお客様、
ぜひ、今しか味わえないこのあめ色の白味噌をお試しください!

こうじや長兵衛のおみそやさん、木嶋こうじ店のHPはこちらから↓↓

無添加・天然醸造の手作りこうじ味噌
期間限定あめ色の白味噌
美味しいみそはここにあります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

さっぱり♪梅ミソ \(^0^)

ι(´Д`υ) あちぃ~~~。
icon01今日も暑いです、さすが梅雨明け!

こんな暑い日は食欲減退。。。
face07 それでも食事は摂らないと。icon10

で、今日のお昼ご飯はコレ!icon12


ナスはみそ爺ぃ作、鞘豆は頂き物です。

焼きナスと名前のわからない茹で鞘豆
温かいナスと鞘豆に
みそ妻オリジナルの
冷たい梅ミソをたっぷりつけてface05

(^Q^)いただきまーす

う~~~ん、サッパリして美味~~~ぃっicon14
温かい野菜と冷たい梅ミソのコントラストが見事!icon14
野菜から滴る甘い汁と梅ミソの程よい酸味がマッチングゥ~♪icon14
ペロロペロリと軽~く平らげてしまいました (*´*)
みそ妻の分まで食べちゃった。m(。≧Д≦。)mスマーン。。icon16

この梅ミソですが、作り方は十人十色。
白みそで作る人もいれば
赤みそ、麦みそで作る人もおります。

ウチのみそ妻は梅を白みそと砂糖で漬けて
漬かった後に梅の実を剥いて、
フードプロセッサーで細かくし
更に軽く火を通したそうで、

梅の香りと味が非常に濃厚でサッパリ!

梅ミソ、皆さんもぜひ作ってみてはいかがですか?
詳しいレシピは・・・・わかりませんっ!!(爆)icon10icon10icon08icon09

いろんな方がブログに公開されていますが、
我がみそ妻も近々おみそちゃんで公開すると思いますので
そちらをご期待ください。

今年のナツは梅ミソで乗り切ろーっ!

こうじや長兵衛(予)こと、みそ旦那でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

金山寺味噌、完売しました

国産原材料のみ使用・無添加・完全作り

こうじや長兵衛の金山寺みそ

016

おかげさまで今回の分も無事完売いたしました
ありがとうございました。

次回は7月中旬に店頭に並ぶ予定です

今後ともよろしくお願いします。

手作りこうじ味噌 木嶋こうじ店
完全手作り無添加・金山寺みそ
昔ながらの【生きたみそ】の味。

| | コメント (1) | トラックバック (0)