« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月に作成された記事

2008年7月31日 (木)

金山寺みそ、できました♪

いつも“【金山寺みそ】ができるまで”をご覧頂きありがとうございます。
“ーできるまで”はまだ途中ですが・・・

お待たせしましたっ!face02

おみそやさん、木嶋こうじ店

『こうじや長兵衛の金山寺みそ』
完成しました!

まだ出来立てで若いですが、
できたてだからこそ『こうじ』そのものを味わっていただけるものと思います。

田舎仕込みの辛口の金山寺みそです

生姜に、キュウリに、お茶漬けに、ぜひ一度お試しください!
店頭販売のほか、宅急便での全国発送も承ります。(季節柄クール便となります)
送料などは当店HPをご覧ください。

¥650-/500g(こぶし1ヶ分程度)

野菜(ナス、しょうが)が入っていますので
保存は基本的には冷蔵庫で、
長期保存は冷凍でお願いします。

田舎仕込み、手作り金山寺みそ
こうじや長兵衛の金山寺みそ
美味しいみそはここにあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

自転車乗りのコツ

梅雨明け宣言以降、連日よく晴れます!
icon01 毎日めちゃくちゃ暑いですねicon10

木嶋こうじ店で、この晴天をイチバン待っていたのは“みそ姉ぇ”かもしれません。
だって、自転車の練習ができるから!

先日の前途多難・・・(x_x;) のあと
友人からアドバイスいただいたので、その通りに
チューンアップしてみました icon14
いわゆる改造手術ってヤツです。

 

ペダルをはずして

ついでにスタンドもつけました。

さぁ、練習開始!
両足で地面をチョンチョンって蹴ってみる。
そこから、スイースイーになってで、
ブレーキで止まり、足を着く
・・・・



おおぉぉおっ!face08
いぃ~~~じゃない!icon14
上手になってきたみたい face02
と、思いきや!

ドテ(o_0_)o))・・・・・

ありゃありゃ・・・まぁ、千里の道も一歩からってね。

(;>_<;) イタイ~っ

右足をひねったのか?挟んだのか?どれどれ靴下脱いで見せてみろ。



・・・・・・・・・・・・
ぷぅ~~~~~~~~~~~ん

( ̄‥ ̄;)クサイ、、、

ちょっとぉ、みそ姉ぇ、足、臭いよ face07 !
靴洗いなさいよ icon08
と、こんな感じですが、
本人としては手ごたえをつかんだのかとっても楽しそうに?
一生懸命、地面を蹴っていました。



夏休み中には乗れそうだね icon14
!頑張れ!みそねぇ

みそ姉ぇのあくなき挑戦はつづく icon09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

AED救命講習に参加しました

しまじろうコンサートの日
午前中、こうじや長兵衛(予)は清水湾岸消防署にいました。

静岡市清水消防団第14分団袖師町を代表して、
Sぶっちょ1号、Sぶっちょ2号と3人で救命講習会に参加させてもらったのです face02

『AED(自動体外式除細動器)』

言葉ぐらいは聞いた事ある、見た事はある、その程度でした。
お役所、公民館、学校などには設置されているようですが、
まだまだ足りないそうです。
消防団にも消防車1台に1個積んでもよいかもしれません。

AEDの使用が一般人にもできるようになってから救命率は倍以上icon14だそうですicon12
が、それは1%が2%になるといったような話で
決してAEDが万能なわけではないのです

AEDは一般の人でもカンタンに使えるようです face02
機械が使い方をアナウンスするので、そのとおり動けば難しいことはないのです。


↑(真剣に模擬救命体験をするSぶっちょ1号&2号)

そうはいっても、そうだからこそ実は
AEDの使い方よりも、その前の段階
「心臓マッサージ」や「人工呼吸」といった『心肺蘇生法』が大事なのだわかりました。

先日の新聞の記事に
AEDで救命活動した女性が
心的外傷後ストレス障害/PTSD に悩まされるというのがありました。
救命活動における周囲の人の無協力、野次、プレッシャー
日本人不信になってしまったのだと・
・・。

自分がこの普通救命講習Ⅰを受講したからかもしれませんが、
まったく情けない話で悲しい話だと思います。
でも、受講前の自分だったら・・・・ face07

静岡市消防団清水第14分団袖師町では
今期以降継続して定期的に
団員全員が普通救命講習を受講することにしました。

一般の方でもこの講習は無料で受講できます

静岡市消防防災局のHPにて案内がされていますので
ぜひ、一度参加なさってみてはいかがでしょうか?

清水湾岸消防署のみなさん、有意義な講習をありがとうございました!

全国的に消防団員募集中 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

米はわたなべ

こうじや長兵衛のおみそやさん、木嶋こうじ店で使用する米は
地元、静岡市清水区袖師町の渡辺米穀店さんから仕入れています。

使用する米(うるち米)は主に静岡県内産で、渡辺米屋さんにお任せしています。
あらかじめ、ウチの予算に合った中でイチバンよいものを探してくださいます。
渡辺さんはよく言います、

この米はねぇ、みそに使うにはもったいないよっ!face02

渡辺さん、いつも本当にありがとうございます。
そんな渡辺米穀店さんではもちろん、いろんなお米が売られています。

face08 お米はここで精米されて私たちの許に直接届けられます。



急に米が必要になりました。
連休を忘れて仕入れ忘れちゃったから今日中にお願いします。
今度の米はここがちょっと・・・他を探してみて。

いつもいつも、私のそんなわがままを快く受けいれていただき
本当にありがとうございます。
これからもず~~~とよろしくお願いしますね! 渡辺さんっ!

渡辺米穀店さん
静岡県静岡市清水区袖師町441-1
電話 054-366-2553

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

新・金山寺みそ作り ⑩

木嶋こうじ店、「こうじや長兵衛」の手作り
「金山寺みそ」ができるまでをレポートします。
第10回目は

「金山寺麹を作る③ こうじ室での管理(夕、夜、夜中)」

木嶋こうじ店の手作り金山寺みそのには
「うるち米、小麦、大(丸)麦、秋田大豆はすべて国産
を使用しています。

お昼の手入れの後

夕方5時

こうじ室の内壁には水蒸気がついています。
発酵が進み、こうじ室の中は暖かいというより熱い感じがします。

金山寺こうじは見るからに白く固まり、触るとかなり暖かいです。
手入れはせず(場合によってはします)にこうじ蓋(箱)の積み替えのみを行います。

そして、寝る前、夜中とこうじ室内の様子を確認し、
その都度、こうじの状態に合わせて、
こうじ蓋の積み替え天窓の開閉など
こうじ菌の繁殖に最適な環境を作ります。

こうじ室内はさらに温度、湿度ともに上昇し、
ムワッとむせ返り、いるだけで汗が滴り落ちます。

翌朝、いよいよ金山寺こうじは完成します。

※こうじや長兵衛の金山寺みそ、好評販売中です!

手造りこうじ味噌、木嶋こうじ店(静岡市清水区)
変わりゆく時代に伝えてゆきたい、
変わらない本物の【生きたみそ】の味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

消防団

こうじや長兵衛(予)は消防団員です。

すし屋のうめさん
ナポレオン・ポッチーさんといっしょに
静岡市消防団清水第14分団袖師町に所属しています。

日本でも数台しかないであろう
昭和45年製(自分と同級生)の消防車(1号車)が現役で稼動しています。


お金で買えない価値がある!
というか、水槽を積んだタンク車が全国的に減少していくなか、
この消防車(1号車)は3t の水icon11を搭載したタンク車で、
火災現場ではすぐに放水可能であることから非常に貴重な戦力icon14であります。
今では本当に珍しい、車上に放水銃が付いています。



ちなみに車上から放水しているのはこうじや長兵衛(予)です。
(むかって左側) 本当は別にブログを作ろうかと思っていましたが、
思った以上に大変なので、こういった形で紹介していけたらと思います。
もし、消防団関係者の方、ご覧くださったらぜひ、コメントを残してくださいね!

全国的に消防団員募集中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

阪急北千里線豊津駅

私、こうじや長兵衛(予)の第2の故郷は大阪です!
大学時代の年間(!)を大阪府吹田市垂水町で過ごしました。

今年の2月に大阪に行く機会に恵まれました。
自由時間に何をするか・・・
自分の住んでいた辺りをひとりプラプラ歩く事にしました。
地下鉄御堂筋を江坂で下車、豊津方面へ・・・

阪急北千里線 豊津駅です。
この写真で見る限り13年前と何も変わってない。
なんだかそれがなんだか妙にウレシかったりします。

豊津駅の売店(ラガール)です。
毎日のようにスポーツ新聞、タバコ(マイルドセブン・スーパーライト)、缶コーヒーを買ってました。
懐かしさのあまり、売店のおばちゃんと話をしました。
もちろん、このおばちゃんは知らない人です(爆)。
駅構内で変わったのは障害者用のエレベーターができたことくらいだそうです。

ホームに入って、阪急にも乗りたかったのですが、
待ち合わせの都合で豊津散策に戻ります。

こうして記事を書いているだけで心は当時に戻ります。
まったく不思議です。
O久保、O笠、K原、みんな元気かなぁ?

(不定期ながら続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

さっぱり♪梅ミソ \(^0^)

ι(´Д`υ) あちぃ~~~。
icon01今日も暑いです、さすが梅雨明け!

こんな暑い日は食欲減退。。。
face07 それでも食事は摂らないと。icon10

で、今日のお昼ご飯はコレ!icon12


ナスはみそ爺ぃ作、鞘豆は頂き物です。

焼きナスと名前のわからない茹で鞘豆
温かいナスと鞘豆に
みそ妻オリジナルの
冷たい梅ミソをたっぷりつけてface05

(^Q^)いただきまーす

う~~~ん、サッパリして美味~~~ぃっicon14
温かい野菜と冷たい梅ミソのコントラストが見事!icon14
野菜から滴る甘い汁と梅ミソの程よい酸味がマッチングゥ~♪icon14
ペロロペロリと軽~く平らげてしまいました (*´*)
みそ妻の分まで食べちゃった。m(。≧Д≦。)mスマーン。。icon16

この梅ミソですが、作り方は十人十色。
白みそで作る人もいれば
赤みそ、麦みそで作る人もおります。

ウチのみそ妻は梅を白みそと砂糖で漬けて
漬かった後に梅の実を剥いて、
フードプロセッサーで細かくし
更に軽く火を通したそうで、

梅の香りと味が非常に濃厚でサッパリ!

梅ミソ、皆さんもぜひ作ってみてはいかがですか?
詳しいレシピは・・・・わかりませんっ!!(爆)icon10icon10icon08icon09

いろんな方がブログに公開されていますが、
我がみそ妻も近々おみそちゃんで公開すると思いますので
そちらをご期待ください。

今年のナツは梅ミソで乗り切ろーっ!

こうじや長兵衛(予)こと、みそ旦那でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

こうじやさん家族

今さらかもしれませんが、 『こうじや』こと【木嶋こうじ店】の家族を紹介します。

face02私=6代目こうじや長兵衛(予)=みそ旦那=【こうじやさんの春夏秋冬=味噌作り=】のライターです。

face05妻=みそ=【おみそちゃんheart 01】のライターです。

face05長女=みそ=小1=【おみそちゃんheart 01】の副ライターです。

face02長男=みそ=5さい、園の年中さん。

face05次女=チビみそちゃん=1歳半とちょっと、10ヶ月から園に通っています。

face01親父殿=5代目こうじや長兵衛=みそ

face01お袋殿=5代目こうじや長兵衛の妻=みそ

以上人家族です。 よろしくお世話になります。 全員整列っ!礼っ!

手造りこうじ味噌、木嶋こうじ店(静岡市清水区)
変わりゆく時代に伝えてゆきたい、
変わらない本物の【生きたみそ】の味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

新・金山寺みそ作り ⑨

木嶋こうじ店、「こうじや長兵衛」の手作り
「金山寺みそ」ができるまでをレポートします。
第9回目は

「金山寺麹を作る② こうじ室での管理(朝、昼)」

木嶋こうじ店の手作り金山寺みそのには
「うるち米、小麦、大(丸)麦、秋田大豆はすべて国産を使用しています。

種付け作業の後、こうじや長兵衛(予)はその日夕方、就寝前、夜中と
こうじ室(むろ)の中の金山寺こうじの状態を確認しました。

金山寺こうじの何を確認したのかというと、温度、手触り、香りです。

異常に熱くなっていないか、
逆に冷えてしまってないか、
べたつきはないか、
香りがおかしくないか、
そういったことをチェックします。

場合によっては、こうじ蓋(箱)を積み替えたり、
莚(=むしろ;わらの毛布をイメージしてください)をかけたり、外した
などをして温度、湿度の調整をし、
金山寺こうじを正常な状態に保ちます。

朝5時、起床⇒こうじ室へ直行。
金山寺こうじの状態を確認(ホトホトと暖かくなっています。)、
手入れ糀がムラなく発酵するように塊を解しながら混ぜ返す作業)』をします。
手入れ後、再度その時の金山寺こうじの状態にあわせこうじ蓋(箱)を積み替えます。

午後1時、再び手入れ

昨日、朝に比べて金山寺こうじ白みがかってるのが確認できます。
こうじ菌が繁殖してきたということです。
手入れしながら、金山寺こうじの状態を確認 (だいぶ暖かくなっています。)
やはりその時のこうじの状態に合わせて箱を積み替えます。

朝に比べ、こうじ室の中の温度も上昇してきますが
この午後の手入れを行うと
こうじ菌はより活発に勢いをつけて繁殖し
こうじ室の中は温度も、湿度もよりいっそう上昇していきます。

つづく

こうじや長兵衛の金山寺みそ、現在寝かし中です。 今しばらく待ちください。

手作りこうじ味噌、木嶋こうじ店
静岡市清水区袖師町
美味しいみそはここにあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

新・金山寺みそ作り ⑧

木嶋こうじ店、「こうじや長兵衛」の手作り
「金山寺みそ」ができるまでをレポートします。
第8回目は

「金山寺麹を作る② 放冷&種付け」

木嶋こうじ店の手作り金山寺みそのには 「うるち米、小麦、大(丸)麦、秋田大豆はすべて国産を使用しています。

蒸かしあがった混合原料を解しながら急いで人肌まで冷まします。
このとき大活躍するのが扇風機
こうじやのお仕事では扇風機は一年中フル稼働です。



人肌まで冷ましたら、種こうじ(粉状のこうじ)を蒔き、
ムラなく混ぜ、よく揉み込みます。
人肌まで冷ますのはこうじ菌にとって最も働き易い環境を作るためです。
種付けした混合原料をこうじ蓋と呼ばれるに升で一杯ずつ盛っていきます。

麹蓋をそのままこうじ室(むろ)とよばれる保温庫に運び重ねておきます。
状態によって、わら莚(むしろ)や毛布などを上からかけます。
そして、自然発酵を待ちます。(今夜、夜中、早朝とこうじ室の中の様子を確認します)。

つづく

こうじや長兵衛の金山寺みそ、現在寝かし中です。 今しばらく待ちください。

手作りこうじ味噌、木嶋こうじ店
静岡市清水区袖師町
美味しいみそはここにあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

新・金山寺みそ作り ⑦

木嶋こうじ店、「こうじや長兵衛」の手作り
「金山寺みそ」ができるまでをレポートします。
第7回目は

「金山寺麹を作る① 蒸かし」

木嶋こうじ店の手作り金山寺みそのには 「うるち米、小麦、大(丸)麦、秋田大豆はすべて国産を使用しています。


前日に米、小麦を合計で1斗1升(約16kg)用意し、
混ぜ合わせた状態で洗米し、夜から朝まで浸水しておきます。

翌早朝、さらに挽き割った煎り大豆と大麦を合計で9升(約13kg)を加え混ぜ合わせます。そのまま3,4時間程度おいたら準備完了です。 

混合原料を洗い流し、水切りをします。



混合原料を釜で蒸かします。
4代目こうじや長兵衛さん(私の祖父)の時代は‘まき’だったかもしれませんが
今はボイラー蒸気で蒸かしています。



途中、蒸気の混合原料への浸透具合を確認しながら、
必要だったら種水を打ち、全体をかき回します。

釜に蓋をしたら、その後1時間程度蒸かします。 さ
ぁ、蒸かしあがったので作業台へ広げまてみましょう!



当然ながらめちゃくちゃ熱い!
そして蒸気でむせる!
でも、香ばしく、甘い香りが広がります

つづく

こうじや長兵衛の金山寺みそ、現在寝かし中です。 今しばらく待ちください。

手作りこうじ味噌、木嶋こうじ店
静岡市清水区袖師町
美味しいみそはここにあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

商工会議所だより

ちょっと気恥ずかしいのですが、木嶋こうじ店、こうじや長兵衛(予)

商工会議所だより“しみず”に載せていただきました。icon12

あまりにかっこよく書いてくださって・・・<(_ _*)> アリガトォゴザイマシタface02

みそねぇ、みそにぃ、ちびみその3人も大喜びです。icon14

「ぱぱ、この本おともだちの家にもあるのかな?」(みそねぇ)icon14
「いやぁ~~~、特別な本(会報)だからなぁ、たぶんないかな」icon10

「あっ、ぱぱだ!ままは?じぃじは?ばぁばは?ぼくは?」(みそにぃ)icon14
「うん、ぱぱしかお話していないから、ぱぱしか出てないんだよ」icon10

「ぱぱっ!ぱぱっ!ぱぱっ!ぱぱっ!」(ちびみそ)イチバン興奮っ!icon14
「うんうんぱぱだねぇ、ぱぱいるねぇ」icon10

そのあと、会議所の担当者さんが20部 face08 もってきてくれました
店内にそっとおいてありますのでよかったら、

どうぞお持ち帰りください
ちなみに私の対面ページにはとんかつの「かつ好」さんが出てます。
美味しいと人気のお店ですよ。

ということで、会議所たより“しみず”は←からもご覧いただけますのでよかったら

見てやってください。

20ページ中10ページ目であります。
いやぁ~恥ずかしい。
こんなことなら先にポッチーさんでカットしておけばよかった。
それだけが心残りです。icon11

清水商工会議所:西ヶ谷さま、ありがとうございました!

軽やかなフットワークであなたをサポート!
サッカーの街、清水の商工会議所です
会議所だより「しみず」はここから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

新・金山寺みそ作り ⑥

木嶋こうじ店、「こうじや長兵衛」の手作り
「金山寺みそ」ができるまでをレポートします。
第6回目は

「生姜を塩漬けする」

木嶋こうじ店の手作り金山寺みそは具に「国産の茄子、生姜、(夏季のみ白瓜)」を使用します。
今回は茄子を20kg、生姜を5kg使用します。

手のひらのような生姜5kgを小さく切りポリ桶にすべて入れ、
あらしお500gとムラなくよく混ぜ合わせます。
茄子同様に塩加減は季節によって、また塩漬けしておく期間によって増減しますが、
この塩加減を誤る(控える)と生姜が傷んでしまうので、注意が必要です。

やはり中蓋(内蓋)をして、重石を乗せたら作業完了。
封をして、冷蔵庫に保管します。
茄子と違うのは塩漬け期間は3日程度と短く、冷蔵庫保管であることです。

手作りこうじ味噌、木嶋こうじ店
自家製造、店頭計り売り
美味しいみそはここにあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

新・金山寺みそ作り ⑤

木嶋こうじ店、「こうじや長兵衛」の手作り
「金山寺みそ」ができるまでをレポートします。
第5回目は

「茄子を塩漬けする」

木嶋こうじ店の手作り金山寺みそは具に「国産の茄子、生姜、(夏季のみ白瓜)」を使用します。

今回は茄子を20kg、生姜を5kg使用します。

厚さ1.5cm程度に切った茄子を専用のポリ桶に20kgすべて入れ、
あらしお2.5kgとムラなくよく混ぜ合わせます。
塩加減は季節によって、また塩漬けしておく期間によって増減しますが、
この塩加減を誤る(控える)と茄子が腐ってしまうので、注意が必要です。

 



中蓋(内蓋)をして、重石を乗せたら作業完了。
風呂敷で封をして、日陰の涼しい場所に保管します。
このとき、茄子の色落ち対策として鉄片をいくつか混ぜておきます。

手作りこうじ味噌、木嶋こうじ店
静岡市清水区袖師町
美味しいみそはここにあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

新・金山寺みそ作り ④

木嶋こうじ店、「こうじや長兵衛」の手作り
「金山寺みそ」ができるまでをレポートします。
第4回目は

「使用する野菜について」

木嶋こうじ店の手作り金山寺みそは具に「国産の茄子、生姜、(夏季のみ白瓜)」を使用します。
産地はその都度違いますが、今回、生姜は高知県産、茄子は愛知県産を使用します。


 

高知の新生姜です。みずみずしくってツヤツヤ icon12 でしょ!こうじや長兵衛(予)の手のひら icon23 よりも大きいんですよっ!

はりがあってプルプルの豊橋の茄子です。
等級も文句ナシ!icon14
とっても美味しそうです face02
普段、こうじや長兵衛(予)たちが食べる野菜よりもずっと上級の野菜です。

今回は間に合いませんが、夏にはさらに『白瓜』が加わります。

手作りこうじ味噌、木嶋こうじ店
静岡市清水区袖師町
美味しいみそはここにあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

前途多難・・・(x_x;)

木嶋こうじ店の長女“みそねぇ”、ただいま大特訓中です face10

何を???

自転車!

補助輪なしで乗るっ!
大丈夫!乗れるからっ!

と自ら“みそじぃ”を説得し、2度と補助輪はつけないとの約束で決行。

案の定・・・・icon15
ドテ(o_0_)o))・・・・・(;>_<;) イタイ~っ

補助があってもろくに乗れなかったのだから、
補助ナシでなど乗れるわけがない!

\(*`∧´)/ ムッキー!!

乗れない自分に腹をたて、周囲に逆ギレface09

仕方ない、みそ旦那がみてやるか。
まずは立ち方、転び方・・・
子供の頃、転んでナンボと練習したことを思い出します。

毎日、少しずつでも練習しようね!
きっと乗れるようになるよ face02

もうすぐ“みそねぇ”のお誕生日icon12
プレゼントは・・・・・ヘルメットと安全パッドだなicon10

 
自転車がキズだらけになる頃にはきっと・・・face02

東京海上日動あんしん生命ライフパートナー
大井敏夫と見つける“安心の生命保険”
いかなる場合でも得する学資保険はここにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

手前味噌、4ヶ月経過

こうじや長兵衛(予)が木嶋こうじ店のHPを立ち上げるにあたり、
みそ妻、みそねぇ、みそにぃの3人で初めての“手間味噌作り”に挑戦したのが2月23日。みそ玉を容器に力いっぱい投げ込み、内蓋に重石を乗せ封をしました。

あれからヶ月・・・。
こんな感じになっています。



定期的に様子を確認しているので<カビ>はありません。

発見したらその都度取り除き、容器の内側を殺菌していました。

〔殺菌方法〕 焼酎、ホワイトリカー、食卓用アルコールなどを塗布して拭く。
〔カビ対策〕 わさび、からし類をサランラップに包み、容器のなかに入れておく
(私は重石の上に置いておきました)

状態(色、香り、味など)の変化を楽しむことができるのも手前味噌のよいところです。

早い人は1ヶ月でも食べ始めるし1年以上寝かす人もいます。
【十人十味噌】であります。
とりあえず必要な分だけをとり、再び元のように内蓋、重し、外蓋をして戻しました。



店売りの味噌とちがい、まだ白く、塩気がしますが
味噌汁に使うには充分美味しいです。

とくに若い(白い、こうじの香りが強い)味噌がお好きな方で、この状態を保ちたい場合は冷蔵or冷凍してください。
味噌は完全には凍りません

梅雨 icon03 が明けるといよいよ夏本番 icon01 !

味噌は一気に発酵が進み、赤く、コクが出てきます。

今後もこの味噌を使っていきながら変化をご紹介していきますのでご期待ください!

みそ妻、みそねぇ、みそにぃのこの手前味噌は 木嶋こうじ店の店頭にてねか(保管・展示)しております。
ご興味のある方は、ぜひご来店の際、こうじや長兵衛(予)、みそ妻にお声をおかけください。

手作り味噌、手前みそ、みそ作り あなたも挑戦してみませんか?
こうじや長兵衛がお手伝いします。

手作りこうじ味噌、木嶋こうじ店
静岡市清水区袖師町
美味しいみそはここにあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »