« これはスグレモノ! | トップページ | 新・金山寺みそ作り ② »

2008年6月24日 (火)

新・金山寺みそ作り ①

木嶋こうじ店、「こうじや長兵衛」の手作り
「金山寺みそ」ができるまでをレポートします。

第1回目は

「大豆を煎る」

木嶋こうじやの手作り金山寺みそでは「挽き割りの煎り大豆」を使用します。
まず大きな煎り釜で大豆を煎ります。
大事なのは釜の温度と煎る時間 煎りすぎると、後で大豆が細かく割れてしまいます。
逆に生煎りだと後で大豆が割れなくて困ります。
煎りながら、つまんでは食べ、つまんでは食べして、煎り具合を確認していきます。



この火加減がホントに難しく、
最初の頃は、「5代目こうじや長兵衛」こと“みそじぃ”によく怒られましたface03
一人でできるようになったのはつい最近です。
大豆を煎ると香ばしい匂いがご近所に広がり、「始めたの?」とよく声をかけられます。
自分の体にもこの香ばしい匂いがつくので、
その後外出すると、着替えていても匂いますface07

これから秋まで、清水区界隈で香ばしい匂いのおっさんface08がいたら
こうじや長兵衛(予)かもしれません(笑)。

※ 木嶋こうじ店で使用する大豆はすべて、北海道産の秋田大豆(中粒)です。

手作りこうじ味噌、木嶋こうじ店
静岡市清水区袖師町
美味しいみそはここにあります

|

« これはスグレモノ! | トップページ | 新・金山寺みそ作り ② »

金山寺みその作り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・金山寺みそ作り ①:

« これはスグレモノ! | トップページ | 新・金山寺みそ作り ② »